映画『累(かさね)』の原作マンガが面白すぎる

ライターのSihoです

映画化となった『累』の原作マンガに読んだことがありますか?

映画化となった累ですが意外と内容知らない人が多いのではないでしょうか

マンガBANGでは今、映画上映中限定で公開されているので今のうちに見ておくのがおすすめですよ

他にもいろいろなマンガが公開されているのでマンガ好きの人にはぜひおすすめのアプリになっていますよ♪

亡き母は偉大なる女優、演技は受け継いだが顔は・・・

天才的女優として一世を風靡した渕透世の娘、累は

天才的な演技力を幼いころから持つもののその醜い顔で

小学校の頃からいじめられています

そんなある日、累は母が死ぬ前に残した

『赤い口紅』を思い出します。その口紅は

なんと相手の顔を奪い取ることができる口紅でした

欲しい顔に対して口づけをかわすことで

累は自分の顔と交換することができました

天才的な演技力を持った累が生まれつき顔が綺麗な子の顔を奪うことで

累は圧倒的な自信にあふれ演技をすることができ

普段の顔では感じることができない満足感を感じ

それに快感を感じるようになってしまいました

ある日累は思います、もしかすると母も同じように

自分の顔では演技をしてなかったのではないか

累は母と同じように大女優の道をかけあがるのでしょうか

[マンガ系 関連記事先]