実写映画化もされた「惡の華」が面白すぎる。後ろの席の同級生の女の子。彼女の行動の意味とは!?

こんにちは!ライターのamiです♪

今回ご紹介するマンガは、

続きが気になりすぎるマンガ

「惡の華」のご紹介です!!

先が気になって仕方がなくなること間違いなしです!

最近玉城ティナさんと伊藤健太郎さんで実写映画化されて大変話題になっている映画「惡の華」の原作マンガです。

「クソムシが」というとても興味を引くフレーズで話題の映画です!

玉城ティナさんがそのセリフを言うのが様になっているんですよね〜♪

映画化されているということもあって内容も面白くてキャラクターが最高ですw

では早速どんなマンガかご紹介しますね♪

後ろの席の女の子。彼女の正体は・・・?

主人公は中学生男子の春日高男(かすが たかお

誰も知らないような本ばかり読んでいて冴えない高男は、

クラスの人気者で才色兼備の美少女佐伯奈々子(さえき ななこ)

密かに恋心を抱いています….。

ある日誰もいない放課後の教室で、佐伯奈々子の体操服を高男は見つけて、

家に持ち帰ってしまうのです!!

そして佐伯奈々子の体操服を家に持ち帰った所を、

高男のすぐ後ろの席の嫌われ者の女子仲村佐和(なかむら さわ)見てしまっていました!

2人の関係や、彼女の正体は!?これからどうなるの??

では、少しだけ内容を見せちゃいます♪

 

 

 

 

 

続きはLINEマンガで…!↓↓