怖すぎるピーターパンの原作とは?

スポンサーリンク
怖すぎるピーターパンの原作と真実は

ピーターパンの真実がこわすぎる…

出典 http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784061861602

みんなが知っているピーターパンは?

ライター✑NORA

誰もが知っている名作品『ピーターパン』では年を取らない子どもや夢の国ネバーランドなど小さい頃に見て憧れた人は多いのではないでしょうか?

私もその1人です!今でもピーターパンのお話は今でも頭に残っていますし、

今でも大好きです。特にネバーランドに憧れている女子さんは多いのでは?大人になりたくない!

(そんなことを言っている年齢ではない笑)と思っている人もいますよね!!

しかし、原作のピーターパンには

恐るべき設定があったのです…

原作が怖すぎるピーターパン

まさか、ピーターパンに限ってと思っていましたが目を疑いたくなるような情報を見つけてしまいました。。。

そう、それはピーターパンの原作となった作品です。

原作となったピーターパンは、私たちが知っている作品とは全く違いました。

でも、これが原作ということは?

ピーターパンの真実を知りたくない人はこの続きは読まないでください。

怖すぎるピーターパンの原作とは

出典 https://itmama.jp/2015/05/18/88421/

イギリスで1911年に出版された

ピーターパンとウェンディ

というものが原作となっています。

その後ピーターパンとして

映画やアニメ化が行われ

不動のディズニーアニメとしての

認知がつくようになりました。

もともとはピーターパンだけの話では

なかったみたいですね~

しかし、原作のピーターパンには

恐るべきルールがありました

【衝撃】子どもを殺すピーターパン

子どもが成人することは

ルール違反であるという規則

ピーターパンの原作がこわい

出典 https://itmama.jp/2015/12/28/108291/

ピーターパンは大人になった

子どもを殺すことでその規則を守ります

つまりピーターパンは夢の国に子どもを

連れてきて、大人になったら殺す

つまり大人にならない夢の国ネバーランドとは大人にならないわけではなくピーターパンが大人になった子どもを殺害していたのです。。。(ゾワっとしませんか?)

永遠の子どもとして遊べるのがネバーランドではなく、大人になった子どもを殺し子どもだけを住ませていたのが、そう『夢の国ネバーランド』なんです。

という猟奇的犯罪者のような行為を繰り替えしていたのです・・・怖すぎますね。

ピーターパンはこの規則を守り、ネバーランドに大量の子どもを引き連れては大人になると…を繰り返していたんですね。こわすぎます。

『原作は実は怖い』は結構ある?

ここまでピーターパンの原作を書いてきましたが、みなさん決してピーターパンを嫌いにならないでください。

あくまでも原作の話ですからね!

その後ディズニーが監修したピーターパンは全く違うお話です!

私たちが思うピーターパンはピーターパンですよ!他にも昔話や原作は意外と怖いなんてことがあるらしいです。なのであまり気にしないでくださいね

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする